日別アーカイブ: 2012年7月2日

物言う太陽に等しく

音楽は、美しいだけでは まだまだ不足がある まして、上手いでは、とうてい至らない物がある 太陽の光が、様々に私たちに貢献し 加えて感動的な顔になるのは 自然の畏敬に値する力があるからだと まあ、勝手に思っている つまり、人間が、 私自身が音楽の中に介在していないという状態が 全くあり得ない ただの物になりかねない ということだ 私が勝手に考えていることだが いかにこの音を自分の中に導くかが この日の最後に語った夕日のように 雄弁になれるかのせとぎわだな 人生をかけようと思う 語らいの時間を、 今日から、気持ちも新たに始めると決めた ♪

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ